恋人からもらいたいカルティエの魅力を検証してみた

カルティエ(Cartier SA)は高級ジュエリーや腕時計で人気のフランスの高級ブランドです。始まりは1847年にフランス人の宝石細工師ルイ・フランソワ・カルティエが28歳の若さでフランスはパリのモントルグイユ通りにあった師のジュエリー工房を継いだことに始まり、6年後にはジュエリーブティックを開きました。その独自のスタイルはJeweller of kings , king of jewellers(王の宝石商、宝石商の王)とイギリス王エドワード7世が言ったように世界各国15か国の王室から御用達業者として認められ、貴族や王族達に愛されてきたブランドです。

そんなカルティエの人気製品としては世界で初めて一般向けに作られた腕時計「サントス・ウォッチ」や数多くの銀幕スターや著名人が愛用した「タンク・ウォッチ」などの時計類、そして愛を表すピンクゴールドと友情を表すホワイトゴールド、忠誠を表すイエローゴールドの3つのゴールドが絡み合った「トリニティ・リング」などがあります。

これらの製品には多くのドラマもあり、サントス・ウォッチに関しては19世紀の初めアルベルト・サントス・デュモンが操縦桿を握ったまま時刻を確認できる時計が欲しいと注文したことに始まり、またトリニティ・リングに関しては1920年代の後半、芸術家ジャン・コクトーが小指に2つはめて有名になったジュエリーです。このようにブランド買取でも高値で売られるような革命的なブランドとして人気のカルティエはヨーロッパだけではなくロシアや東洋のデザインも取り入れ世界中で愛されています。