乾燥肌の人にエアコンは大敵です

日本人女性の中には、乾燥肌で悩んでいる人がとても多いです。その原因は人によってさまざまですが、特に考えられることとして、日本人の行き過ぎた清潔志向が挙げられます。日本人は、皮脂や体臭などをとりわけ毛嫌いしますので、毎日の入浴や洗顔でも、過度に自分の皮脂を落とすことに熱中する傾向があります。

しかし、皮脂は皮膚を保護するという大切な役目を果たしてくれるものです。洗顔などで過剰に皮脂をとりすぎると、肌のバリア機能が低下して、身体に必要な水分や油分が蒸発してしまうことがあるので、乾燥肌クリームを塗るなどして気をつけましょう。また、現代人のライフスタイルも、乾燥肌を促進する大きな要因となっています。例えば、電化製品は人々の生活を便利で快適なものにしてくれましたが、それらの中には、肌にとっては悪影響を与えるものも存在します。

その代表的なものが、エアコンです。エアコンは非常に空気を乾燥させるので、長時間部屋の中にいると、身体から水分が奪われて、乾燥肌になりやすくなってしまいます。しかし、エアコンは今では人々の生活になくてはならない製品です。ですから、使い方に工夫して、上手に活用しなければなりません。例えば、使用の際には加湿器を併用したり、濡れたタオルを部屋に置くだけでも、かなり湿度が高まり、乾燥を防ぐことができます。